赤い頭皮になっているのは炎症ですが、

炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

皮脂の過剰分泌のだいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする機能があります。

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを受けやすくなります。

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで頭皮に炎症が起きることとなります。

頭皮が赤い症状というのは、炎症も併発している可能性があり、具合によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することが大切です。

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする