健康な頭皮に痒みは出ないので、

逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くということです。

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を維持することです。

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

これをすることで、小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

最後に泡は、十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする