赤いブツブツと強い痒みがあるなら

日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではまず判断することはできません。

予防・対策のために誰でもできることは、疑うことです。

ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症につながることもあります。

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

対策を行う必要があります。

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする