頭皮のニオイは皮脂によって変わります。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

肌のすべてに皮脂腺はあって、特に頭部には多いです。

つまり、常在菌が活動するためのエネルギーをもっとも分泌する場所であり、ひいては、常在菌を増やす要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

汗っかきでもそうでもなくても頭皮のニオイチェックの方法は、指の腹で頭皮をこすります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭いと感じたならば、残念ながら頭皮に臭いがあるということです。

その他、ドライヤーを使ったチェック方法もあります。

髪が乾いているときにドライヤーで頭頂部の上から下に送風して、その風に臭いを感じたらば、頭皮にニオイがあると思われます。

これらの方法は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもでも間違いありません。

何日もかけて皮脂が付く枕とは違って、直接頭皮を触って臭いを感じるのは、臭いのもとを作る菌が活発なのか、余分な皮脂を取り除けていない可能性があります。

特に皮脂については、擦った指がオイル感があるときは、分泌され過ぎていることを意味するので、治らないことはありませんから余分な皮脂はしっかり洗い流すことを心がけてください。

過剰な皮脂になってしまう理由として、洗髪、ストレス、ヘアドライ、食事、加齢が考えられます。

洗髪で必要以上に皮脂を取り除いてしまっては、頭皮を乾燥しないようにと体がいつもよりたくさんの皮脂を分泌してしまいます。

それにシャンプー剤を洗い残すとそれが頭皮の刺激となって、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、ドライヤーを使わないと頭皮も髪も水分を完全に乾かすことはできないので、体温によって残った水分が蒸れてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾かしすぎるとやり過ぎの乾燥は皮脂を分泌させることになります。

ストレスは、体内のホルモンバランスを狂わせます。

それにより、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが活発に分泌されれば、多くの皮脂分泌になってしまいます。

年齢を重ねることで、皮脂の分泌量と肌の水分量のつり合いが乱れ、相対的には皮脂の分泌が多くなってしまいます。

食事については、顕著な好き嫌い、特に油を使った料理や糖分が多いものを食べ過ぎると皮脂は増える傾向にあります。

お菓子や果物、それと乳製品の糖分は、皮脂分泌につながりますので、糖分が多いものを食べ過ぎると皮脂の過剰な分泌に直結します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする