汗をかいてもかかなくても頭皮がにおうか?

ときになるとき、指の腹で頭皮をこすります。

そしてその指の臭いをチェックして臭かったら頭皮は臭っていると思われます。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

乾いた髪にドライヤーで頭頂部の上から下に送風して、その風に臭いを感じたらば、頭皮は臭いを発していると考えられます。

これらの方法は、男性、女性、子供でも間違いありません。

何日もかけて皮脂が付く枕とは違って、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いの原因となる常在菌(マラセチア菌)が活性化しているか、皮脂をシャンプーでしっかり洗い流せていないことが考えられます。

皮脂は、指で擦った時にテカテカした感じなら過剰に分泌されていることなので、その対策として治らないことはありませんからその分はキチンと洗い流すことを心がけてください。

頭皮の匂いに効くシャンプーは、コンビニかドラッグストアで買うつもり。

ミノン薬用ヘアシャンプーはノンシリコンだけど、良い感じかな?ミノンの洗浄力は、硫酸系の成分ではなくて、アミノ酸系なので、頭皮に優しいね。

合成界面活性剤もなし、この点はOKだけど、防腐剤はメチルパラベンなので、頭皮トラブルがないときは全然オーケーだけど、傷とかがあるとアレルギーを発症するくらい悪さするので気を付けないと。

一応、大人も子供の使えるので、ゴシゴシ洗いとか、爪立て洗いとかには気を付ければ大丈夫そう。

頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

というのも皮脂は、ニオイのもと肌の常在菌(マラセチア菌)の餌になるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

皮脂腺は体中にありますが、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

それは、常在菌が活動するためのエネルギーをより多く作り出して、ひいては、常在菌を増やす要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする