頭皮がの痒い、痛い、カサカサなど症状は、

頭皮の乾燥が原因が1つです。

頭皮が乾燥している状態では、保湿の機能と雑菌を防ぐ機能が弱くなるので、いろいろな頭皮のトラブルを引き起こすわけです。

頭皮トラブルの代表格といえば、フケですね。

フケは、2種類(脂性、乾性)あります。

乾性のフケは、頭皮の乾燥が進み、その結果、表皮細胞が剥がれた状態です。

頭皮が正常であれば、目立たない大きさのはずですが、ターンオーバー(肌の循環過程)が、異常だと目立つほどの大きな塊になってしまいます。

フケ以外の頭皮トラブルは、吹き出物のような赤いポチポチです。

原因や症状により、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹に分かれます。

中でも乾皮症皮脂欠乏症湿疹は主な原因は乾燥で、皮膚のひび割れ、カサカサのことでやはり冬に多く見受けられる症状です。

それとそれらのトラブルの後は、抜け毛も心配です。

それについては、また別の機会にお話しします。

フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは止めましょう。

洗髪のやり過ぎは、頭皮に必要な水分や油分を過剰に洗い流してしまいます。

それにより皮脂の過剰分泌、ひいては臭いの原因になるので、洗髪は、一日に2回以上しないよう心掛けた方がいいです。

そして洗髪は、濡らす前のブラッシング、原液が付かないよう泡にして、指の腹でマッサージするように洗います。

また、最初に後頭部や耳の後ろ、次に頭頂部へと洗う順番を気にすることも大切です。

最後は、十分かつ丁寧にすすぎ頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア方法をおすすめしますが、あくまでも頭皮と相談しながら行ってください。

もし、皮膚科などから処方された薬があるならどんなに人気ランキングの上位商品でも頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いと思います。

頭皮が乾燥する原因は、理由は様々です。

代表的な原因は、シャンプー剤の成分です。

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで春、夏、秋、冬と一年を通して対策すべきなのは同じです。

頭皮の最低限の皮脂さえも取り除いてしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

また、ドラッグストアで買えるシャンプーやヘアトニックなどを利用する頻度が高いとか、地肌に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因として考えられます。

それと洗髪に熱いお湯を使っても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、頭皮改善の足かせになります。

このように髪や毛穴の清潔さを保つための洗髪が原因となり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

他に頭皮への悪い刺激といえば、紫外線、寒さ、空気の乾燥などですので積極的な保湿を意識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする